杉田エース

商品案内

FILE NO.273 エス・ウッド デッキ

《納入事例レポート》
-FLE NO.273-

富山県氷見市民の憩いの場である朝日山公園の休憩施設新築工事で、杉田エースの再生木材エス・ウッドを屋外デッキに使用していただくことになりました。多くのお客様のハイキングの休憩スペースとしてご使用いただけることが大きな喜びです。

北陸営業所 滝沢 幹也

 杉田エースに入社して2年になります。前職は、ホームセンターに勤務していました。ホームセンターにも杉田エースの商材は置いてありましたので、杉田エースがどのような事業をしているかは存じていました。現在は、北陸営業所の一員として、担当の顧客を回わりながら、日々勉強しています。

今回の案件は、日頃大変お世話になっている工務店様からお声掛けいただいたものです。朝日山公園に休憩所を新築することになり、ウッドデッキを作ることになったのですが、お客様は、地元の天然木材にするか再生木材にするかと大変に悩まれておりました。それは、「色合い」や「メンテナンス性」、「施工の難易度」などの観点からでした。

問題点をまとめると
・地元の天然木を使いたいという市の考えを、どのように整理して、どう提案できるか。
・デッキ材を施工している業者の実績をどのようにわかりやすく伝えることができるか。
などがありました。

現物サンプルの「色合い」をご覧になっていただくために、サンプルを現場に届けに行くなど、営業努力に努めました。地元の木を使用としたいという気持ちを受け入れ理解しながら、最終的に着地したのが屋内は天然木材、風雨にさらされる屋外のデッキは、再生木材ということでした。

成約できたポイントは
・現場作業所へ何度も顔を出し、エス・ウッドをPRしたこと。
・市役所、設計事務所からサンプルやカタログを請求された時にすぐに対応したこと。
・お客様のどんな小さな疑問点に対しても最優先で対応したこと。

一生懸命努力したことが実を結びました。努力はお客様の心に通じると確信しました。私は日々の仕事の中で「お客様からの感謝、お客様への感謝」を忘れないように仕事に励んでいます。 

【エス・ウッド】
エス・ウッドは未利用木材と再生プラスチックをバランスよく融合した地球環境に優しい新素材です。独自の製法により高級天然木材に負けない質感と耐久性を実現しています。介護施設や公共機関、アミューズメント施設などさまざまな場所で採用されております。


 ■最後に■
北陸新幹線開通後、金沢駅周辺の発展がここ数年著しいです。観光客も増えており、新幹線の経済効果はとても大きいです。北陸が盛り上がっているので、私も営業所もこの波に乗って飛躍できたらと思います。のどぐろやカニだけでなく、夏のアワビも美味しいです。夏の北陸へお越しください。

エス・ウッドの商品詳細はこちら

エス・ウッドカタログはこちら